読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユーリ!!! on ICEはBLか?

先日、勇利とヴィクトルのキスについてつらつら語ったら思いがけずたくさんの方から反応をいただいてしどろもどろしました。 私はあくまで1人気アニメで男性同士のキスシーンが描かれた、というガワの話をしていたのですが、何故かユーリ!!! on ICEそのものに対する深い考察だと言ってくださる方もいて、マジかよ…行間を読む力高過ぎるだろう…と恐れおののき、ハーブティーを淹れ、布団で安眠するなどしていました。 閲覧大変ありがとうございました。 

 
さて、引用RTなどのコメントでちらほら目に入ったのが
「あの2人はBLじゃないんだよ、愛があるんだ」 
という言葉である。そこで 「ユーリ!!! on ICEはBLなのか?」 という疑問が生まれてきた。 いや、多分ここまで読むと、ほぼ確実にブログでちょっと騒がれた人があからさまな炎上狙いでまた売名しようとしてるとか思われそうだし、きっとTwitterアンケートを取ったとしても「BLではない」派閥がきっと大差をつけて勝つだろう。でも、前回のブログも含めて少し、私の話を聞いてほしい。 
 
前回のブログ後半部で、私は 「あるオリジナルな関係性が『恋愛』という言葉でパッケージされ、ありきたりな関係として扱われる」 ということについて話した。 恐らく、少なくない数のユーリ!!!ファンは、同じように彼らの関係に「BL」という言葉でパッケージすることで、ありきたりな、あるいは既存の関係として扱われるのは嫌なのだろうと思う。 何しろ、ユーリ!!! on ICEのねらいの一つに「愛を定形から抜け出させる」ことがある じゃあそれで、BLという言葉を使わないことでいいじゃん、という話になりそうだが、そこを待ってほしいのだ。
 
言葉を忌避することが、定形からの完全な脱出になるのだろうか? 言い換えれば、「BLではなく愛だ」と言うことで彼らの関係性のオリジナリティ、あるがままの姿は保証されるのだろうか? 
 
答えは半分YESなのだが、しかし、ユーリ!!! on ICEの文脈を汲み取って、NOと言わせてほしい。 
ユーリ!!! on ICEの文脈についてまず、以下の記事を参照してほしい。
 
『ユーリ!!! on ICE』と「愛の再定義」 - 倉庫街
 
 ここで長谷川さよりさんは、「ユーリ!!! on ICEは『愛の再定義』をテーマにしている」と語っている。言い換えれば、「愛」という言葉に対して私たちが与えてきた、固まった意味を今一度崩してみよう、というわけだ。 そして私は同じアプローチをそのまま、BLという言葉にしてみることを提案したいのである。オラついた言い方をすると、
「『BL』が『陳腐な』『ありきたりな』男同士の『恋愛』を指すと誰が決めた?ァァン?」 
というわけである。 
 
BLとはボーイズのラブ、つまり男同士の愛である。そしてその多くは恋愛である。これは認める。しかし、そもそも恋愛なんてその他の愛とはグラデーションの地続きで、範囲はひどく曖昧なものだ。BLは今思われている以上にもっと多様な関係性を含むことができるジャンル用語だと思うし、BLの目指すべき多様性とは、その中にファンタジーとか学園モノとかがあることよりは、より多くの関係性を獲得することなのではないかとも思っている。 実際、商業BLに描かれている関係性はちゃんとよく見ればひとつひとつにちゃんとしたオリジナリティがあるし、近年は特にその多様さを求める傾向が強いように思われる。 
 
 
 だから私は声を大にして言いたい
 
 「ユーリ!!! on ICEはBLだ!」 
 
そして、「BL」という言葉に、それだけの深遠な関係性をも含みうる意味を認めてほしい、と思っている。 勇利が愛という言葉に、はっきりとパッケージされていない、微妙な気持ちを含んだように、BLという言葉にも、こういったはっきりとパッケージできない関係性を含んでほしいのだ。高尚な愛、俗なBLという対比なんて存在しない。どちらも曖昧で広く、大きな海のようなものだと思ってほしい。囲って遠ざけるのではなく、広くあることを認めてほしいのだ。 (ただ、誤解が怖いのでさらに注釈すると、ユーリ!!! on ICEはBLだが、BL作品としてのみあるというつもりは無い。それはそれで的外れな考えであると思う。)
 
 
 ユーリ!!! on ICEは本当に革新的なアニメだ。名目はフィギュアスケートという競技を軸にしたスポーツアニメだが、その中に愛についての様々な試みが含まれている。 私は先程、ユーリ!!! on ICEはBLだと述べたが、だからといってユーリ!!! on ICEは腐女子だけが楽しめるものではない。作品の中にはBLが入っているが、腐女子でなくたって、勇利とヴィクトルの関係性には感動し、愛について考えるだろう。きっともうすぐ、BLが腐女子によって意味的にも作品的にも囲いこまれ、隔離された世界で生きる時代は終わるのだ。ロボットオタクでなくてもパシフィックリムの映像に感動するように、腐女子でない人々もBLをBLとして楽しむ日が来る。 ユーリ!!! on ICEめっちゃ尊い…クソ尊いな…と思いながらここで筆を置きたいと思う。
 
 前回のブログ
 
今期大人気アニメ ユーリ!!! on ICE で ヴィクトルと勇利がキスをしたことの意義 - inato備忘録